【妊婦におすすめ】食事でとれない栄養はサプリメントを活用しよう

理想的な妊娠生活を送るために

和食

妊娠期間の食事量

妊娠しているときには、どれくらいの食事の量をとっていけばいいのでしょうか。妊娠期間によっても、理想的なカロリーは異なるといいます。太り過ぎに気をつけながら、適切な食事をとっていきましょう。

READ MORE
鍼治療

妊娠力を高める

不妊治療として、鍼灸院をチョイスする人は大勢います。東洋医学の治療を受けることによって体質が変わって、妊娠する力が高まるといわれているのです。

READ MORE
顕微鏡

通いやすくて評判が高い

大阪には不妊治療専門のクリニックが多数あり、体外受精を検討する人もたくさんいます。精神的な負担も大きい治療となりますので、できるだけ通いやすいクリニックが選ばれています。

READ MORE
ご飯

安全性を確かめる

毎日の食生活で不足しがちなミネラルを手軽に補えることから、サプリメントが注目されています。妊婦にとっても重要な栄養となりますので、しっかりと選んでいきましょう。

READ MORE

新着情報

妊婦が避けた方がいい食事

no.1

生魚や生肉

トキソプラズマやリステリア菌に感染したり、食中毒になったりする心配があります。妊娠中は胎児に影響が出る可能性もあるため避けましょう。

no.2

アルコール

胎児の成長に影響を及ぼす可能性があります。妊娠の可能性がある場合からできるだけ控えて、妊娠がわかった時点でお酒はやめていきましょう。

no.3

カフェイン

カフェインの過剰摂取は、胎児の成長に良くないとされています。コーヒーや緑茶、紅茶などそれぞれカフェイン量が異なりますが、一日1、2杯程度にしておきましょう。

no.4

ナチュラルチーズ

非加熱処理のナチュラルーチーズは、リステリア菌に感染するリスクがあるといいます。加熱処理してあるプロセスチーズであれば大丈夫です。

no.5

生卵

最悪の場合では、サルモネラ菌によって食中毒になる可能性があります。生では食せずに火を通して調理してから食べるようにしましょう。

大事な栄養素

カウンセリング

食生活を見直す

妊婦になると、胎児の成長のことも考えて食生活を見直していく必要があります。毎日規則正しく、栄養バランスの良い食事をとっていくことが求められるはずです。食中毒リスクがあったり、胎児に影響があるような食事内容は避けて、健康的で安全な食事をとっていきましょう。

サプリメントで補う

しかし、妊娠中も仕事や育児をしていたりするとなかなか食事をつくる時間を捻出することが難しいです。つわり時期では、理想な食生活ができないこともあるでしょう。そうしたときでも安心になるのがサプリメントです。食事でバランス良く栄養がとれない場合でも、サプリメントを活用すれば、母子にとって必要な栄養素を摂取することができるのです。

[PR]

体外受精なら大阪で実績豊富なクリニックで受けよう
優良医院を要チェック!

婦人科を大阪で探しているなら必見!
優良医院を厳選公開

名医に不妊鍼灸を依頼
評判の高いクリニックを厳選特集♪ 大阪で不妊鍼灸の専門医院を受診
優良クリニックを厳選まとめ☆

食事だけでは必要な栄養が取れないと悩んでいる妊婦必見!
赤ちゃんの発育に大切な栄養素が手軽に補えちゃう☆

学ぶことが大切

妊婦にとって理想的な食事をとっていくためには、産婦人科医や管理栄養士のアドバイスを受けることもおすすめです。また、インターネットサイトや育児本で勉強していく姿勢も重要となります。正しい情報を集めて実践していくことが最も大切になるでしょう。

[PR]

広告募集中